ケーブルサイドベントで腹斜筋を攻める!やり方・注意点

スポンサードリンク




ケーブルサイドベントとはサイドベントをケーブルマシンを使って行なう筋トレメニューのこと。ケーブルマシンを使うことで負荷が逃げにくい・可動域が増える・ワンタッチで重量を変更できるというメリットがあります。上半身を横方向に傾けてケーブルを引くことで腹斜筋をメインに鍛えることができます。

腹斜筋を鍛えることでウエストにくびれを作る・ひねる動作を強化することができます。ボディメイク・ひねりの動作を強化したいならサイドベント腹斜筋を鍛えましょう。

そこで今回はケーブルサイドベントの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

ケーブルサイドベントは「腹斜筋」を鍛えることができる

ケーブルサイドベントは上半身を横方向に傾けてケーブルを引くことで、「腹斜筋」を鍛えることができます。腹斜筋を鍛えることでウエストにくびれを作る・ひねりの動作を強化することができます。ボディメイク・スポーツのパフォーマンスを向上させるにもおすすめです。

サイドベントはダンベルを使ったダンベルサイドベントが最もポピュラーなトレーニング方法です。サイドベントを始めるならまずはダンベルを使ってある程度の筋力をつける・フォームを取得することがおすすめです。ダンベルに慣れてきたら、ケーブルサイドベントにステップアップしましょう。

ケーブルサイドベントの正しいやり方

ケーブルサイドベントの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニングの回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

ケーブルサイドベントの基本動作は

1.ケーブルマシンにハンドルを取り付ける

2.ケーブルマシンが横に位置するように立つ

3.ハンドルを握り、上半身をケーブルマシン側に45度ほどまで傾けていく

4.上半身を反対側に傾けてケーブルを引いていく

5.上半身を45度ほどまで傾けてケーブルを引いたら、ゆっくりと元の位置に戻していく

6.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

ケーブルサイドベントを行なう際の注意点

ケーブルサイドベントを行なうときの注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングしてしまうと効果が半減・ケガの原因になってしまいます。しっかり注意点を押さえておきましょう。

ケーブルを握っている側とは反対側の腹斜筋を鍛えることを意識しよう

ケーブルサイドベントを行なうときはケーブルマシンに取り付けたハンドルを握っている逆側の腹斜筋を鍛えることを意識してトレーニングしましょう。例えば右手にハンドルを握っているなら左側の腹斜筋を収縮させてケーブルを引いていきましょう。

しばしハンドルを握っている側の腹斜筋を収縮させて間違ったトレーニングをしてしまいがちです。鍛える筋肉をしっかり意識してトレーニングしましょう。

ゆっくりとした動作でトレーニングしよう

ケーブルサイドベントは高重量を扱うことができるのが最大のポイントです。しかしあまりにも素早い動作でトレーニングをしてしまうと筋肉へ余計な負荷をかけてケガの原因になる・負荷が逃げてしまいトレーニングの効果が半減してしまいます。

トレーニングの効果を最大限まで引き出すためにゆっくりとした動作でトレーニングしましょう。

ケーブルサイドベントで腹斜筋を追い込もう!

(Youtubeより)

ケーブルサイドベントはサイドベントをケーブルマシンを使って行なうトレーニングメニューということがわかりましたね。上半身を横方向に傾けてケーブルを引くことで腹斜筋を鍛えることができます。ケーブルマシンを使うことで負荷が逃げにくい・可動域が増える・ワンタッチで重量を変更できるというメリットがあります。腹斜筋を追い込みたいならケーブルサイドベントがおすすめです。

ケーブルサイドベントで腹斜筋を追い込もう!

ケーブルサイドベントについてまとめると

  1. ケーブルマシンを使ってサイドベントを行なうメニュー
  2. 腹斜筋を鍛えることができる
  3. ケーブルを握っている側とは反対側の腹斜筋を意識してトレーニングしよう
  4. ゆっくりとした動作でトレーニングしよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1