ケーブルシュラッグで僧帽筋を追い込む!やり方・注意点

スポンサードリンク




ケーブルシュラッグとはケーブルマシンを使ってシュラッグを行なうトレーニングのこと。ケーブルマシンを使うことで、可動域が増える・負荷が逃げにくいというメリットがあります。僧帽筋により一層刺激を与えることができます。

僧帽筋をさらに攻めたいならケーブルシュラッグをしましょう。

そこで今回はケーブルシュラッグの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

ケーブル・シュラッグは「僧帽筋」を鍛えることができる

ケーブル・シュラッグはケーブルマシンを使ってシュラッグを行なうことで、可動域が増える・負荷が逃げにくいというメリットがあります。より一層「僧帽筋」に刺激を与えることができますよ。

ケーブル・シュラッグで僧帽筋を攻めよう!

ケーブル・シュラッグの正しいやり方

ケーブル・シュラッグの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

ケーブル・シュラッグの基本動作は

1.ケーブルマシンにバーを取り付ける

2.バーを好みの幅で順手で握って構える

3.肩のすくめて、ウエイトを持ち上げる

4.限界まで肩をすくめてウエイトを持ち上げたら、ゆっくりと肩を下ろしていく

5.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

ケーブル・シュラッグを行なう際の注意点

ケーブル・シュラッグを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

肩をすくめるように注意しよう

シュラッグ全般に言えることですが、肩をすくめてウエイトを持ち上げましょう。腕の力を使ってウエイトを持ち上げてしまわないように注意しましょう。腕の力で持ち上げてしまうと、ターゲットである僧帽筋が刺激されません。

肩をすくめて、ウエイトを持ち上げるように意識しましょう。

膝の反動を使わないように注意しよう

ウエイトを持ち上げていくときに、膝の反動を使わないように注意しましょう。膝の反動をつかってしまうと負荷が逃げてしまうため、トレーニングの効果が半減してしまいます。

肩の力だけを使って、ウエイトを持ち上げるように意識しよう。

ケーブル・シュラッグで僧帽筋を攻めろ!

ケーブル・シュラッグはケーブルマシンを使って、シュラッグを行なうことで、可動域が増える・負荷が逃げにくいため、僧帽筋により一層刺激を与えることができるトレーニングということがわかりましたね。

ケーブル・シュラッグで僧帽筋にさらなる刺激を与えよう!

ケーブル・シュラッグについてまとめると

  1. ケーブルマシンを使うことで可動域が増える・負荷が逃げにくくなる
  2. 僧帽筋により一層刺激を与えることができる
  3. 肩をすくめるように注意しよう
  4. 膝の反動を使わないようにしよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1