ケーブルクランチで腹直筋を追い込め!やり方・注意点

スポンサードリンク




ケーブルクランチとはケーブルマシンを使って腹筋運動を行なう筋トレメニューのこと。通常のクランチでは地面に仰向けになるのが基本ですがケーブルクランチは地面に膝をついて胸を太ももに近づけることで腹直筋を鍛えることができます。ケーブルマシンを使うことで負荷が逃げにくい・可動域が増えるため筋肉を追い込みたいならおすすめです。

腹直筋を鍛えることでシックスパックを作り上げる・ウエストを引き締めることができます。お腹のボディメイクを目指すなら腹直筋を鍛えましょう。

そこで今回はケーブルクランチの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

ケーブルクランチは「腹直筋」を鍛えることができる

ケーブルクランチは膝を地面についた状態で胸を太ももに近づけることで「腹直筋」を鍛えることができます。腹直筋はお腹の中心部分にある筋肉で鍛えることでシックスパックを作り上げる・ウエストを引き締めることができます。

お腹周りのボディメイクを目指すなら確実に鍛えるべき筋肉ですよ。

クランチは通常地面に仰向けになり、胸を太ももに近づけることで鍛えます。ケーブルクランチは少し特殊でアブドミナルマシンに近い動作で腹直筋を鍛えるメニューです。

ケーブルクランチの正しいやり方

ケーブルクランチの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減してしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニングの回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

(www.gymguider.comより)

ケーブルクランチの基本動作は

1.ケーブルマシンにロープアタッチメントを取り付ける

2.首の後ろでロープを両手で握り、膝をついて構える

3.胸を太ももに近づけるように腰を曲げていく

4.限界まで胸を太ももに近づけたら、ゆっくりと元の位置まで戻していく

5.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

椅子に座って行なうケーブルクランチ

ケーブルクランチは地面に膝をついて行なうのが基本ですがトレーニングベンチに座ってケーブルクランチを行うことも可能です。バリエーションとして覚えておけば状況に応じて使い分けることができますよ。

(www.bodybuilding.comより)

椅子に座って行なうケーブルクランチの基本動作は

1.ケーブルマシンにロープアタッチメントを取り付ける

2.首の後ろで両手で握り、トレーニングベンチに座って構える

3.胸を太ももに近づけるように腰を曲げていく

4.限界まで胸を太ももに近づけたら、ゆっくりと元の位置まで戻していく

5.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

ケーブルクランチを行なう際の注意点

ケーブルクランチを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になってしまいます。注意点を押さえておきましょう。

背中を反らさないように注意しましょう

(www.bodybuilding.comより)

ケーブルクランチを行なうときは背中が後ろに反らないように注意しましょう。背中が後ろに反った状態でトレーニングをしてしまうと腰を痛める原因になってしまいます。

ケーブルクランチを行なうときは背中を少し丸めた状態でトレーニングするように注意しましょう。

広い可動域を意識しましょう

(www.healthysystem.inより)

上体を真っ直ぐにした状態から胸をできるだけ太ももに近づけるように広い可動域を意識したトレーニングをしましょう。狭い可動域でトレーニングしてしまうと筋肉がしっかり刺激されず、トレーニングの効果が半減してしまいます。

トレーニングの効果を最大限まで引き出すために広い可動域を意識しましょう。

ケーブルクランチで腹直筋を追い込め!

(www.mensjournal.comより)

ケーブルクランチはケーブルマシンを使ってクランチを行なうトレーニングメニューということがわかりましたね。通常のクランチとは違い、地面に膝をついた状態で胸を太ももに近づけることで腹直筋を鍛えます。ケーブルマシンを使うことで負荷が逃げにくい・可動域を増やすことができます。

腹直筋を鍛えることでシックスパックを作り上げる・ウエストを引き締めることができます。お腹周りのボディメイクを目指すなら腹直筋を鍛えましょう。

ケーブルクランチで腹直筋を追い込もう!

ケーブルクランチについてまとめると

  1. ケーブルマシンを使ってクランチを行なうメニュー
  2. 腹直筋を鍛えることができる
  3. 背中が反らないように注意しよう
  4. 広い可動域を意識しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1