ベンチプレスはバーを胸につけない?胸につけた方がトレーニング効果アップ!

スポンサードリンク




ベンチプレスでバーベルをアップダウンさせるときにバーベルを胸につけない方がいいのか?という質問をいただきました。

質問の答えはベンチプレスはバーベルを胸につけたほうがトレーニングの効果がアップします。

ベンチプレスに限らず、筋トレは可動域が広ければ広いほど筋肉を刺激できるのでトレーニング効果がアップします。

ベンチプレスはバーベルを胸につけない?是非胸にバーベルをつけてください!

ベンチプレスをするときはバーベルを胸につけないほうがいいのか?という疑問を抱いている方は結構いるみたいですが、ベンチプレスをするときは是非胸にバーベルをつけるようにするのがおすすめです

YouTubuより

ベンチプレスは腕を伸ばした状態から肘を曲げ、バーベルを胸に近づけていきます。そのときにどこまでバーベルを下ろしていけばいいのかベンチプレス初心者の方は基準がいまいちわからないかもしれません。

そんなときは胸にちょうど当たるまでバーベルを下ろすのを基準・目安にするのがおすすめです。

わかりやすい目安になるという理由もありますが、ベンチプレスは可動域が広いほどトレーニングの効果が高まります。

ベンチプレス初心者に向けてこの記事を見れば「ベンチプレスの始め方・正しいフォーム・やり方・注意点」を網羅することができますよ!それではベンチプレス初心者がどうすればベンチプレスをマスターできるか見ていきましょう。

ベンチプレスは可動域が広いほどトレーニング効果が高まる

ベンチプレスでバーベルを胸まで下ろしていく理由として、可動域が広くなるという理由があります。

ベンチプレスに限らず、筋トレは可動域が広いほど筋肉への刺激が高まり、トレーニングの効果が高まります。

(gentosha-go.comより)

この水平内転・水平外転の距離が広いほど筋繊維が多く刺激され、効果的なトレーニングを行うことができます。

どうしてもバーベルを胸まで下げないと可動域を広くできないので、大胸筋が思っているよりも鍛えられません。

適切な重量でトレーニングするように注意!

ずっとバーベルを胸まで下ろさないトレーニングをしていたとして、胸まで下ろすトレーニングに切り替えたら、扱う重量に注意しましょう。

胸まで下ろすトレーニングになると今までの重量が持ち上げれなくなる方がほとんどと言ってもいいでしょう。

無理せず重量を軽くして、徐々に胸まで下ろしても持ち上げられる重量を探し、調整しましょう。

バーベルを胸につけて効果的なベンチプレスをしよう!

ベンチプレスでバーベルを胸につけるほうが効果的ということがわかりましたね。

しっかり胸につくまでバーベルを下ろし、効果的なベンチプレスで身体を鍛えましょう!

重量の扱い方が大きく変わるので、その点に関しては十分注意して、適切な重量でベンチプレスをしてください。

スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

最高のプロテインを見つけよう!

THE BEST PROTEIN

自分に合ったプロテインを探すサービス 公式ページはこちら 「THE BEST PROTEIN
スポンサーリンク
1