ベンチプレスで腕に効かせるには?しっかり胸まで下ろせば腕(上腕三頭筋)に効く

スポンサードリンク

ベンチプレス大胸筋がメインに鍛えられるメニューですが、同時に腕(上腕三頭筋)を鍛えることができます。

そこで腕に効かせたいというときには胸までバーベルを下ろすようにしましょう。そうすることで腕の筋肉がしっかり刺激されます。

バーベルを胸まで下ろすことで腕に効く理由を説明していきます。

ベンチプレスで鍛えられる筋肉の確認

ベンチプレスでは

  • 大胸筋
  • 三角筋
  • 上腕三頭筋

を鍛えることができます。

ベンチプレスでバーベルを胸まで下ろすと腕に効く

筋肉が筋トレで鍛えられる仕組みを今一度確認しておきましょう。

筋トレで筋肉が鍛えられるのは筋肉が伸び、縮むときに負荷がかかると筋肉が刺激されて鍛えられます。

またこの伸び縮みが小さいと筋肉が刺激されず、ほとんど筋肉が鍛えられません。

つまりこの伸び縮みが大きいと筋肉がしっかり刺激されて筋肉が鍛えられます。

これをベンチプレスに当てはめてみましょう。

ベンチプレスで腕が鍛えられる動作は

(www.cramer.co.jp)

肘の伸展(腕を伸ばす)によって上腕三頭筋が縮み、腕が鍛えられます。

つまり肘の屈曲と伸展の距離が長いと筋肉の伸び縮みが大きくなるので、腕の筋肉がどんどん鍛えられるということです。

ベンチプレスではバーベルを腕を伸ばした状態から胸につくまで下げることが可動域を最大限に活かすことができます。

(YouTube)

逆に考えると胸につくまでバーベルを下ろさないと可動域が狭くなるので、腕に効かなくなります。

ベンチプレスをするときは胸につくまでバーベルを下ろして、持ち上げるように広い可動域を意識しましょう。

ベンチプレスでたくましい腕を手に入れろ!

ベンチプレスでは胸まで下ろすことで、しっかり腕に効かせることができます。

ベンチプレスでたくましい腕を手に入れましょう。

フォローする