ラットプルダウンビハインドネックで広背筋上部を攻める!やり方・注意点

スポンサードリンク




ラットプルダウンビハインドネックとはラットプルダウンでバーを首の後ろに引きつけるトレーニングメニューのこと。首の後ろにバーを引くことで、広背筋上部をメインに鍛えることができるメニューに変化します。

ラットプルダウンのバリエーションとして覚えておけば、メインに鍛えたい筋肉を変化させることができるので、便利ですよ。

そこで今回はラットプルダウンビハインドネックの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

ラットプルダウン・ビハインドネックは「広背筋上部」をメインに鍛える

ラットプルダウン・ビハインドネックはラットプルダウンでバーを首の後ろに引くことで、「広背筋上部」をメインに鍛えることができるトレーニングメニューです。

広背筋上部を鍛えることで、男なら誰もが憧れる逆三角形をより一層際立たせることができますよ!

ラットプルダウン・ビハインドネックの正しいやり方

ラットプルダウン・ビハインドネックの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

ラットプルダウン・ビハインドネックの基本動作は

1.両手を伸ばした状態でバーを握る位置に椅子をセットする

2.バーを肩幅よりも少し広めに握り、構える

3.肩甲骨同士を寄せるようにバーを首の後ろに引く

4.バーを首の後ろに引いたら、ゆっくりと両腕を伸ばしていく

5.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

ラットプルダウン・ビハインドネックを行なう際の注意点

ラットプルダウン・ビハインドネックを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

首の後ろにバーを引こう

ラットプルダウン・ビハインドネックはバーを首の後ろに引くことで、広背筋上部が刺激されます。首の付け根に向かって、バーを引きましょう。

首の後ろにバーを引くのがやりにくいと感じる場合は少し首を前に曲げるとやり易いですよ。

肩甲骨を寄せるようにバーを引こう

ラットプルダウン全般に言えることですが、バーを引くときに肩甲骨同士を寄せるようにしましょう。肩甲骨同士を近づけないでバーを引いてしまうと、ターゲットである広背筋が刺激されません。

肩甲骨同士を寄せるようにバーを引きましょう。やりにくい場合は胸を張るとやりやすいです。

逆三角形を際立てせるならラットプルダウン・ビハインドネック!

ラットプルダウン・ビハインドネックはラットプルダウンでバーを引くときに首の後ろに引くことで、広背筋上部をメインに鍛えることができるメニューということがわかりましたね。

広背筋上部を鍛えることで後ろ姿をキメる、逆三角形をより一層際立てせることができますよ!そこでラットプルダウン・ビハインドネックをやろう!

ラットプルダウン・ビハインドネックについてまとめると

  1. ラットプルダウンでバーを首の後ろに引く
  2. 広背筋上部をメインに鍛えることができる
  3. 首の後ろにバーを引くようにしよう
  4. 肩甲骨を寄せるようにバーを引こう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1