バーベルプルオーバーで大胸筋と広背筋を攻める!やり方・注意点

スポンサードリンク




バーベルプルオーバーとはバーベルを使ってプルオーバーを行なう筋トレメニューのこと。バーベルを使うことで手首が固定されるため、高重量を扱うことができます。大胸筋広背筋をさらに攻めたいならバーベルプルオーバーがおすすめです。

バーベルを頭の位置から胸の位置まで持ち上げることで、大胸筋広背筋を鍛えることができます。胸と背中を同時に鍛えることができる優れたトレーニングメニューですよ。上半身を鍛えたいならプルオーバーがおすすめです。

そこで今回はバーベルプルオーバーの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

バーベルプルオーバーは「大胸筋」「広背筋」を鍛える

バーベルプルオーバーはトレーニングベンチに仰向けの状態で頭の位置から胸の位置にバーベルを持ち上げることで、「大胸筋」「広背筋」を鍛えることができます。胸と背中を同時に鍛えることができる優れたトレーニングメニューです。上半身を鍛えたいならプルオーバーはおすすめです。

プルオーバーはダンベルを使ったダンベルプルオーバーが最もポピュラーなトレーニング方法です。バーベルを使うことで手首が固定されるため、ダンベルよりも高重量を扱うことができます。さらに胸と背中を攻めたいならバーベルプルオーバーがおすすめです。

バーベルプルオーバーの正しいやり方

バーベルプルオーバーの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニングの回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

バーベルプルオーバーの基本動作は

1.トレーニングベンチに仰向けになる

2.バーベルを肩幅より手幅を少し広く握る

3.頭の位置でバーベルを構える

4.バーベルを胸の位置に持ち上げていく

5.バーベルを胸の位置に持ち上げたら、ゆっくりと頭の位置まで下ろしていく

6.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

バーベルプルオーバーを行なう際の注意点

バーベルプルオーバーを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

肘を少し曲げた状態でトレーニングしましょう

バーベルプルオーバーを行なうときは肘を少し曲げた状態でトレーニングしましょう。なぜ肘を少し曲げた状態でトレーニングする必要があるかというと、肘を完全に伸ばした状態でバーベルを持ち上げると肘関節に余計な負荷がかかってしまい、ケガの原因になってしまいます。

ケガをしないために肘を少し曲げた状態でバーベルを持ち上げるように注意しましょう。

広い可動域を意識しよう

バーベルプルオーバーを行なうときは頭の位置から胸の位置までバーベルを持ち上げて広い可動域を意識しましょう。狭い可動域でトレーニングしてしまうとしっかり筋肉が刺激されないため、せっかくのトレーニングの効果が半減してしまいます。

筋肉をしっかり刺激するために頭の位置から胸の位置まで広い可動域でトレーニングを行ない、トレーニングの効果を最大限まで引き出しましょう。

バーベルプルオーバーで胸と背中を攻めろ!

(Youtubeより)

バーベルプルオーバーはバーベルを使ってプルオーバーを行なうトレーニングメニューということがわかりましたね。バーベルを使うことで手首が固定されるため、ダンベルよりも高重量を扱うことができます。バーベルを頭の位置から胸の位置に持ち上げることで大胸筋広背筋を鍛えることができます。

胸と背中をさらに攻めたいならバーベルプルオーバーをやりましょう!

バーベルプルオーバーについてまとめると

  1. バーベルを使ってプルオーバーを行なうメニュー
  2. 大胸筋と広背筋を鍛えることができる
  3. 肘を少し曲げた状態でトレーニングしよう
  4. 広い可動域を意識しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1