バーベル・カールで上腕二頭筋を攻めろ!やり方と注意点

スポンサードリンク




バーベル・カールとはダンベルカールをバーベルを使って行なう筋トレメニューのこと。ダンベルではなく、バーベルを使うことで手首が固定されるためダンベルよりも高重量を扱うことができるのでさらに筋肉へ強い刺激を与えることができます。

肘を曲げてウエイトを持ち上げることで、上腕二頭筋をメインに鍛えることができます。上腕二頭筋を鍛えることで、腕を太くする・コブを高くすることができますよ。

そこで今回はバーベル・カールの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

バーベル・カールは「上腕二頭筋」を鍛えることができる

バーベル・カールはバーベルを肘を曲げて持ちげることで、「上腕二頭筋」をメインに鍛えることができます。上腕二頭筋を鍛えることで、腕を太くする・コブを高くすることができますよ。

バーベル・カールはダンベルカールをバーベルを使って行なう筋トレメニューですが、バーベルを使うことで手首が固定されるためダンベルよりも高重量を扱うことができるので、筋肉へより強い刺激を与えることができますよ。上腕二頭筋をさらに攻めたいならバーベル・カールをやりましょう。

バーベル・カールの正しいやり方

バーベル・カールの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

バーベル・カールの基本動作は

1.両足を肩幅ほどに開いて立つ

2.バーベルを両手で逆手で肩幅ほどで持つ

3.肘を少し曲げた状態で構える

4.膝の反動を使わないように注意しながら、肘を曲げてバーベルを持ち上げる

5.肘を曲げてバーベルを持ち上げたら、ゆっくりと肘を伸ばしてバーベルを下ろす

6.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

バーベル・カールを行なう際の注意点

バーベル・カールを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になったりします。注意点を押さえておきましょう。

肘を少し曲げた状態でトレーニングしよう

バーベル・カールを行なうときは肘を少し曲げた状態でウエイトを持ち上げるように注意しましょう。なぜ肘を少し曲げた状態でトレーニングするかというと、肘を完全に伸ばした状態でウエイトを持ち上げてしまうと肘関節・上腕二頭筋へ余計な負荷がかかってしまいケガの原因になってしまいます。

ケガをしないためにウエイトを引くとき・下ろすときは肘を完全に伸ばさないように少し曲げた状態でトレーニングしましょう。

広い可動域を意識しよう

バーベル・カールを行なうときはできる限り広い可動域を意識しながらトレーニングしましょう。狭い可動域でトレーニングしてしまうとせっかくのトレーニングの効果が半減してしまいます。

できる限り広い可動域でトレーニングするように意識しましょう。

膝の反動を使わないように注意しよう

ウエイトを持ち上げるときに膝の反動を使ってウエイトを持ち上げないように注意しましょう。膝の反動を使ってしまうと負荷が逃げてしまい、トレーニングの効果が半減してしまいます。

筋トレの効果を最大限まで引き出すために膝の反動を使わないで、上腕二頭筋の力でウエイトを持ち上げるように意識しましょう。

バーベル・カールで上腕二頭筋を攻めよう!

(Youtubeより)

バーベル・カールとはダンベルカールをバーベルを使って行なうことで手首が固定されるため、ダンベルよりも高重量を扱うことができるので筋肉へさらに強い刺激を与えることができる筋トレメニューということがわかりましたね。

バーベル・カールは肘を曲げてウエイトを持ち上げることで、上腕二頭筋をメインに鍛えることができます。上腕二頭筋を鍛えることで、腕を太くする・コブを高くすることができますよ。

バーベル・カールで上腕二頭筋を攻めよう!

バーベル・カールについてまとめると

  1. ダンベルカールをバーベルを使って行なう筋トレメニュー
  2. バーベルを使うことで手首が固定されるので高重量を扱うことができる
  3. 上腕二頭筋をメインに鍛えることができる
  4. 肘を少し曲げた状態でトレーニングしよう
  5. 広い可動域を意識しよう
  6. 膝の反動を使わないように注意しよう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1