バランスボールプルオーバーで体幹を同時に鍛える!やり方・注意点

スポンサードリンク




バランスボールプルオーバーとはトレーニングベンチの代わりにバランスボールを使ってプルオーバーを行なう筋トレメニューのこと。バランスボールを使ってプルオーバーを行なうことで大胸筋広背筋だけでなく体幹も同時に鍛えることができます。

バランスボールに背中をつけた状態でウエイトを頭の位置から胸の位置に持ち上げることで大胸筋広背筋・体幹(胴体のインナーマッスル)を鍛えることができます。上半身を広く鍛えたいならおすすめのトレーニングメニューです。

そこで今回はバランスボールプルオーバーの正しいやり方・鍛えられる筋肉・注意点を解説していきたいと思います。

バランスボールプルオーバーは「大胸筋」「広背筋」「体幹」を鍛える

バランスボールプルオーバーはバランスボールに背中を載せた状態でウエイトを頭の位置から胸の位置に持ち上げることで「大胸筋」「広背筋」「体幹」を鍛えることができます。通常のプルオーバーではトレーニングベンチを使ってトレーニングを行いますが、バランスボールを使うことで体幹(胴体のインナーマッスル)を同時に鍛えることができるメニューに変化します。

使うウエイトはダンベル・バーベル・ウエイト(バーベルに取り付ける重り)と好みやトレーニングのしやすさで選んで問題ないでしょう。注意点としては通常のプルオーバーと違い、バランスボールを使っているので普段のプルオーバーよりも軽い重量でトレーニングするのがおすすめです。

バランスボールプルオーバーの正しいやり方

バランスボールプルオーバーの正しいやり方をみていきましょう。

正しいやり方でトレーニングをしないとトレーニングの効果が半減したりしてしまいます。しっかり正しいやり方を押さえておきましょう。

トレーニングの回数・重量の設定方法がわからない場合はRM(レペティション・マキシマム)法を参考にするといいですね。

(www.verywellfit.comより)

バランスボールプルオーバーの基本動作は

1.ウエイトを両手で持つ

2.バランスボールに仰向けで背中を乗せる

3.腕を伸ばし、頭の位置でウエイトを構える

4.ウエイトを胸の位置まで持ち上げていく

5.ウエイトを胸の位置まで持ち上げたら、ゆっくりと頭の位置に戻していく

6.これを繰り返す

※8回~12回1セットを3セットほどを目安にトレーニングしよう

バランスボールプルオーバーを行なう際の注意点

バランスボールプルオーバーを行なう際の注意点をみていきましょう。間違った方法でトレーニングをしてしまうとケガの原因になってしまいます。注意点を押さえておきましょう。

適切な重量でトレーニングしよう

(www.jefit.comより)

バランスボールプルオーバーを行なうときは通常のプルオーバーで扱うウエイトよりも軽い重量でトレーニングしましょう。通常のプルオーバーの感覚で重量を選んでしまうとバランスを崩してケガの原因になってしまいます。

バランスボールプルオーバーを行なうときは通常よりも少し軽めの重量でトレーニングしましょう。

広い可動域を意識しよう

バランスボールプルオーバーを行なうときは頭の位置から胸の位置までウエイトを持ち上げるように広い可動域を意識しましょう。バランスボールの上でトレーニングしていることから可動域が乱れやすいため、しっかり頭の位置から胸の位置までウエイトを持ち上げるように広い可動域を意識しながらトレーニングしましょう。

バランスボールプルオーバーで体幹も同時に鍛えよう!

(Youtubeより)

バランスボールプルオーバーはバランスボールを使ってプルオーバーを行なうトレーニングメニューということがわかりましたね。通常のプルオーバーはトレーニングベンチを使いますがバランスボールを使うことで体幹も同時に鍛えることができるメニューに変化します。

バランスボールに背中を乗せてウエイトを頭の位置から胸の位置に持ち上げることで大胸筋広背筋・体幹を鍛えることができます。上半身を広く鍛えたいならバランスボールプルオーバーを取り入れよう!

バランスボールプルオーバーについてまとめると

  1. バランスボールを使ってプルオーバーを行なうメニュー
  2. 大胸筋・広背筋・体幹を鍛えることができる
  3. 適切な重量でトレーニングしよう
  4. 広い可動域を意識しましょう
スポンサードリンク




スポンサーリンク
1




1




フォローする

スポンサーリンク
1